呉線の103系 2015年2月

2015年2月23日
最近東に行くことばかりで西方面がご無沙汰だったので、ゆっくりと回ってみることに。しかしあまりにお金がないので基本下道縛り&車中泊メインな過酷旅…になってしまったので誰も連れていくこともなく一人で行ってきました。
神戸を0時過ぎに出発し、2号を下って行きます。高速の深夜料金が適用される4時ギリギリに赤穂に入り、そこから岡山県を高速で飛ばして三原へ。
6時過ぎには幸崎の撮影地に到着したのですが、さすがに暗すぎて一本目は断念。その折り返しから撮影を始めます。

(呉線 安芸幸崎~忠海)

(呉線 安芸幸崎~忠海)
忠海周辺は小さな港町で、係留されている船のすぐ横を103系が通り過ぎていきます。

(呉線 安芸幸崎~忠海)
で、幸崎の有名なスポットの望遠で撮る方へ。見事晴れてくれたので念願のカットを撮ることができました。

(呉線 須波)
撮影を終えてゆっくり次の撮影地に移動していると、須波で対向待ちのためにバカ停しているのが見えたので山の上から。

(呉線 三原~須波)
でその山を越えたところに俯瞰撮影地があるので待ってたのですが待ってる間に曇ってしまいました。
でも車体が黄色いので曇りの俯瞰でも存在感抜群です。

このくらいから結構ガッツリ曇って抜けそうになかったので更に西下していきます。

つづく

カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)