File:027-28 徳島市交通局 BU05?

2016年6月 確認
忙しい10日間を乗り越えたら盆になっていた。

高知を後にして帰りつつ徳島の廃バスを探索。屋根付きなので事前のリサーチでは見つけられなかった物件ですが、走っているとあっさり見つけてしまいました。

2台並んで置いてある廃バス利用の学習塾。現在でも営業しているのかは不明。
人の手が入っているので年式の割に状態は良好。元の塗装は失われていますが、黄色基調の結構凝った塗装が施されています。

富士重R13型ボディーということで日デの4R系かなと思っていたのですが、グリルからエンジンを覗くと”ISUZU”の文字が。いすゞのBU05と推定します。
元事業者は塗りつぶされてしまっているので正直確証が持てないのですが、徳島市交通局でしょうか。

中扉上部の方向幕は後年の改造の跡が。ここに置かれてからも看板として使用されていたのかもしれません。

田んぼの脇で寄り添って余生を過ごす同型2台。いつまで一緒に居られましょうか。




カテゴリー: 撮影日誌-廃バス タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)