朝の牟岐線

2016年11月26日
乗務員訓練がメインだったのかこっちがメインだったのか

せっかく四国に渡るんだからということで乗務員訓練の前に徳島のキハ40/47を。


(牟岐線 阿波橘~桑野/530D/7:24)
阿佐海岸乗り入れ運用のキハ40の送り込み/返却と朝の上りの輸送力列車を兼ねて一往復だけ牟岐線を走破する運用が残っています。
日の出が一気に遅くなってそろそろキツいかなぁと思っていましたが意外となんとかなりました。

ホームの嵩上げと共に進められてきた徳島のキハ40系置き換えも数年前に一段落し、40系列ではないと走れない区間も今となってはほとんどありません。
しかし阿佐海岸鉄道はまだ新型気動車に対応してないのか乗り入れは40系列に限定されているようで、そのお陰でまだかろうじて牟岐までの運用が残っている…という状況のようです。

年々運用がしょっぱくなってくる徳島のキハ47。今年の改正でも高徳線関連が少し整理されたようで、日のある時間に香川徳島県境を徳島方面に抜ける列車が全て消えてしまったようです。

運用が簡略化されたお陰?で7日間で一回りするようになり、土曜日の530Dはここ3週間くらいずっと首都圏色ユニットが入っているようです。
今度は四国色3連で撮りたいなぁなんて。

(牟岐線 阿波橘~桑野/むろと2号/7:38)
530Dの続行でむろとが来るのでついでに。
剣山色の統一でした。僕がキハ185撮るといつも四国色との混色で来る印象でしたが、最近は割と色が揃えられてる気がしないでもないような…
乗務員訓練と土讃線観光列車の影響がむろとや剣山にも響いてるようです。


(牟岐線 文化の森駅/530D/8:22)
鈍足キハ47でしかも特急に抜かれながら走るので、あっという間に抜いて文化の森駅へ先回り。
首都圏色サイドが撮りたかったので後ろから狙えるところを探していたら行き着きました。


(徳島線 国府~石井/446D/9:02)
徳島線のキハ47運用は割と朝遅めに徳島に到着するので、場所を選ばなければなんとか掛け持ちできるようです。
そういえば首都圏色の1086以外徳島からキハ47-1000が消えてしまったので、キハ47で2連を組むと基本的にどっちもトイレ付きになりますね。

カテゴリー: 撮影日誌-四国 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)