大井川鐡道南海団臨

2017年5月28日
土曜に関鉄の在来5連を撮ってそのまま関東を後にしたのですが、翌日も晴れ予報だったのでそのまま関西まで帰ってしまうのは勿体ないかなぁと静岡近辺で一泊することに。
都合よく日曜日のかわね路号にC56が登板するということで、撮ったことないし撮りに行くか~と軽い気持ちで大井川。
朝一で井川線方面を回って千頭に降りてきたのが昼。


(大井川鐡道本線 田野口→下泉/14:53)
朝に運用を確認して本線普通が全部近鉄でシケてんなぁとか言っていられるウチが幸せなのかなとか。
本家近鉄でも山を走っている車両なので山っぽく。ここは左側が川なので普通は川を入れるのですが、あまり水のない時期だったので思い切ってカットしました。

(大井川鐡道本線 抜里→家山/15:35)
でSL。大井川の川下りSLで煙を期待することがまず間違いなのですがホントに出ませんね。
C56はやっぱり小柄。大井川で初めて撮った感想も思ったより小さかったなというところ。
でも客車が7両も繋がっていると、タンクよりこっちの方がサマになる気がしますね。

(大井川鐡道本線 抜里→家山/17:06)
完全に棚ぼただった団臨。普通列車として動いてなくてもこういう結果なら全然OK。

(大井川鐡道本線 抜里→家山/17:06)
この団臨のために窓下二つの手すりを復元の上、丸看板を描き下ろしたそうで…
熱意のある方々がやる団臨は見ていて本当に気持ちがいいものです。

帰り道にC56だけ撮れればいいかなぁと思って寄った大井川でしたが、おかげさまでいいもの見させていただきました。




カテゴリー: 撮影日誌-中部私鉄 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)