[航空機]航空機コレクション 日本航空機製造 YS-11 公開


【このプラグインの説明】
戦後初の国産旅客機、YS-11です。
1962年に試作1号機がロールアウトし、1965年から国内定期路線に就航しました。
日本国内の旅客用途の運航は2006年に終了しましたが、その後も自衛隊などの輸送機として使用されています。

モデル製作にあたって航空自衛隊の美保基地所属だったYS-11Pをモデルとし、国内の航空会社3社のカラーリングを収録しています。

【収録カラーリング】
・航空自衛隊 美保基地 152号機
・日本エアシステム(JAS)
・東亜国内航空(TDA)
・エアーニッポン(ANK)

※バスPIと同様、塗り絵用の白車体と透過texが付属しています。
注1)バスPIとフォルダ構成が微妙に異なります。(StructPIの方にtexを置いています。)
注2)構文のtxtファイル名称に”サンプル_”を付けてRSで読み込まれないようにしています。塗り絵を使う方は”サンプル_”を外してください。

塗装ベースの使い方等はこちらを参照ください。

【ギミックについて】
◆TrainPI
・各種発光
各種灯火が自動で点灯(点滅)します。全消灯とすることも可能です。

・各可動部の離陸→着陸までの流れ
1.(ドア閉)プロペラ回転
2.(加速中&速度150キロ以上)機首上げ
3.(速度200キロ以上)車輪格納
4.(定速航行)水平飛行
5.(減速中&速度150キロ以上)機首上げ
6.(速度200キロ以下)車輪出し
7.(減速中&速度150キロ以下)水平飛行 ※着陸
8.(ドア開)プロペラ停止

◆StructPI
・各種発光
各種灯火が自動で点灯(点滅)します。全消灯とすることも可能です。

・旋回角
旋回時のロール角を調整できます。

・機首上げ角
機首上げ時の角度を調整できます。

・車輪格納
手動で車輪格納ができます。

・プロペラ回転
手動でプロペラ回転が調整できます。

[2020-06-28]
・RSのバージョンによって構文エラーとなる事象が確認されたため構文を修正。

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , , | コメントする

[施設PIパッケージ]街づくりセット 公開

【このプラグインの説明】

施設PIの公開数が多くなってきて管理とDLが煩雑になったのでパッケージ化しました。
レイアウトの作り込みにどうぞ。

※お使いの環境・使い方に合わせて以下の2バージョンを用意しています。
施設を置けば置くほどFPSに差が出てくるので自身のRSプレイスタイルに合わせて選択してください。

[離れると消えるバージョン(軽め)]
CAMDISTによる消失制御で、オブジェクトから1km離れたら自動的に消えます。PC性能に不安がある方やマップ全体を作り込みたい方はこちらをオススメします。

[離れても消えないバージョン(重め)]
CAMDISTの制御を外しています。最強のPCをお持ちの方や置いたオブジェクトがどれだけ遠くても消えて欲しくない撮影派の方はこちらがオススメです。

【収録プラグイン】

【更新履歴】
[2020-05-16]
Var1.01を公開 (路線バス営業所Aを追加)
Var1.00を公開

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , | 7件のコメント

[路線バス]バスPIベース いすゞ新型エルガ(LV290N) 公開

バス塗り絵シリーズの新作、いすゞ新型エルガ/日野新型ブルーリボンです。
[このプラグインの説明]
15年ぶりのモデルチェンジで登場した新型エルガ。同タイプの日野新型ブルーリボンと共に勢力を拡大中。
世代ごとに異なる仕様のライトを再現しています。

塗装ベースの使い方等はこちらを参照ください。


▲(左)塗装見本データ (右)サンプルPIデータ(白車体) 白車体のtexに色を塗り、透過texを重ねることでお好きな塗装を再現できます。

このプラグインには
・ベースモデル
・サンプルPIデータ(白車体)
・塗装見本データ(阪神バス・尼崎市内線)
が含まれています。

◆テクスチャの変更でできること。
・ドア上ライトをカスタマイズできます。
デフォルトではドア上ライトが装備されていません。
“tex/カスタマイズ”フォルダの透過texを重ねてください。

・スピーカーをカスタマイズできます。
デフォルトではスピーカーが装備されていません。
“tex/カスタマイズ”フォルダの透過texを重ねてください。

・給油口の位置を変更できます。
左右から選択できます。(デフォルトは左)
“tex/透過tex”フォルダから選択してください。

◆テクスチャの選択+構文の変更でできること。
1.側面幕の位置を3種類から選べます。(デフォルトは中です。)
(前・中・後から選択可能。構文のObject3D “makus”の”Joint3D”で適宜コメントアウトしてください。)

2.屋根上機器の配置を変更できます。
ベンチレータ2つは独立したオブジェクトなので、個別の削除・追加・位置変更ができます。

3.リアナンバーの位置を変更できます。
リアナンバーの位置を中央・右寄せから選択できます。(デフォルトは中央です。)
(構文のObject3D “RearNumber”の”Joint3D”で適宜コメントアウトしてください。)

組み合わせによって現行LV290/KV290の大部分をカバーできると思いますので、わがまちのバス、オリジナルのマイ架空バスなどの再現にどうぞ。

【更新履歴】
[2020-04-20]以下の問題を修正。
・一部側面透過texの窓texを修正(Sampleの修正)
・標準仕様ノンステップバス ステッカーを追加(カスタマイズ部品の追加)

[2020-04-14]以下の問題を修正。
・前面窓端部が透けて見える点。(Platform側の改修)
・一部側面透過texの窓tex抜け(Sampleの修正)

[ベースパッケージ]




カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , , , , , , , | 2件のコメント

五能線キハ40/48 その1

2019年8月14日
富山から日本海沿いに一気に北上して青森県は弘前へ。


(弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅/4:29)
初電前の中央弘前で眠る7000系。この水間仕様、もっとちゃんと撮りたかったのですがすでに剥がされてしまったようで。

わざわざ弘前くんだりまで来たのは五能線のキハ40/48を撮るため。
五能線と言えば海岸線を延々と走る風光明媚な路線として知られていますが、朝の弘前近郊は平野部完結の区間列車が結構な数運転されているので、とりあえずそれを一通り撮ってから海沿いに向かうことに。


(五能線 中田→木造/821D/6:13)
鯵ヶ沢始発の4連。始発列車が路線最長編成というのも珍しい気がしますが、夜明けが早い青森県では通勤通学のピークは案外このくらいなのかもしれません。
タラコが混じることも多いこの列車ですが、この日は五能色の統一。しかもキハ48ユニット×2なので、側面の統一感がいいですね。

(五能線 鶴泊→板柳/821D/6:41)
五所川原回りの五能線をショートカットで追い越して、岩木山バックでもう一回。
キレイな組成なので、横から撮るとなお映えます。




(五能線 中田→木造/2823D/7:16)
戻って後続を。首都圏色の2連が深浦始発の列車でやってきました。
五能線のキハ40系はどれも機関換装・冷房改造を受けてサービス面では進化しているのですが、パッと見国鉄時代にしか見えないような外観で走ってる車両が混じっています。
このキハ48-1520もそのうちの一つで、白Hゴムにタブレットキャッチャー保護柵、さらに絶妙な汚れ具合のおかげで30年以上前の姿に見える不思議。

(五能線 中田→木造/825D/7:48)
30分ほどで40+48×2の3連がやってきました。キハ48のユニット主体で運用されている五能線ですが、一部の列車でキハ40が1両増結されています。
とは言え、本当に3連分の輸送力が必要なのは朝夕の弘前近郊くらいで、そのためにはるばる秋田から五能線経由で回送するような運用が組まれているのは少し無駄な気も。
GV-E400が投入されたらあっさり2連化されるかもしませんね。



カテゴリー: 撮影日誌-東日本 | タグ: , , , , , | コメントする

富山地鉄20形 2019年8月

2019年8月13日
七尾線から倶利伽羅峠を越えて富山県へ。14722Fが立山線の運用に入っていたので一緒に登山することにしました。


(富山地方鉄道立山線 千垣→有峰口/317列車/10:58)
千垣の鉄橋の一部を切り取り。まるで緑の斜面から鉄橋から生えているよう。


(富山地方鉄道立山線 立山→本宮/326列車/12:31)
立山からの返しは粟巣野駅跡俯瞰へ。今の姿からは想像できませんが、粟巣野駅はかつて長らく立山側のターミナルだった駅。
昭和30年に現立山駅が開業した後もスキー場へのアクセス駅として残されていましたが、この俯瞰の立ち位置である道路が開業したことでアクセスがそちらに移って廃止されてしまいました。
この季節だと遺構がほとんど緑に覆われていて分かりにくいのですが、14722Fのちょうど裏あたりにホームの跡が残っています。

(富山地方鉄道不二越・上滝線 不二越→大泉/625列車/14:17)
立山から下山した後はひたすら上滝線を往復。上滝線の北の方は住宅地の中を抜けていく路線なのですが、意外と開けたところもあるもんですね。




(富山地方鉄道本線 寺田→越中舟橋/1044列車/16:20)
飛んで本線は寺田。地鉄のジャンクション・寺田からゆっくりと出てくる10025F。
寺田駅、駅舎はキレイになりましたが他は昔のままで、こう写真に撮るとキレイな10025が際立って見えます。
お盆休み中ですが地鉄のダイヤ上は平日ダイヤで、10025も平日の固定運用である夕方の上市往復に入っていました。

(富山地方鉄道本線 寺田→越中舟橋/1044列車/16:20)
晴れて欲しかったなぁ。しかし10025は車体がキレイなので多少薄くても結構いい色が出てくれます。
最後まで第一線で走り込んで満身創痍な14722Fと長い隠居生活で美しさを維持している10025F、同じ20型でも人生いろいろですね。

これにて撤収し、更に北を目指します。




カテゴリー: 撮影日誌-中部私鉄 | タグ: , , , , , , , , | コメントする