熊本市交通局 5014AB

2018年5月1日
GWの中日の平日は平日じゃないと撮れないものを撮りたくなるものですが、今回選んだ行先は熊本市でした。
5014ABは昨年復活した元西鉄福岡市内線の連接車。大きな車体で平日ラッシュ時には絶大な威力を発揮しますが、昼間と休日は車庫で寝ているのでなかなか出会うことができない車両です。
運用は平日朝のB系統(上熊本-健軍町往復)と夕方のB-A-A-B(上熊本-健軍町-田崎橋-健軍町-上熊本)の固定。固定でほぼ必ず動いてくれるのは有難いことですが、交通量の多い時間帯に動くのでなかなか難度の高い撮影を強いられます。

(熊本市交通局 上熊本駅前/6:46)
熊本市オリジナルの1200形と並ぶ5014AB。この時間帯はひっきりなしに車庫から電車が出ていきます。
余談ですが、およそ10年ぶりくらいにJR上熊本駅前に来たらいつの間にか高架になってました。

(熊本市交通局 上熊本駅前/6:46)
THE熊本市電なスタイルの1200形。他の事業者だと冷房化と同時に軽快電車スタイルに車体更新されることも多いこの世代ですが、熊本はそもそも冷房改造が相当早い段階で完了していたからか、ごく少数の更新で終わっています。
そんなワケで今でもかなりの数が熊本の街を走り回っているのですが、大半の車両が車齢60年を超えようとしていてさすがにそろそろマズいのではと思っています。近く大きな動きがあるかもしれませんね。

(熊本市交通局 上熊本駅前/6:52)
据付けまでしばらくの間待機しているので、ちょいちょい細部を見たりもできます。同系列の譲渡車では広電の3000形がありますが、向こうは相当大規模に手が加えられているので到底元が同じ形とは思えません。

(熊本市交通局 上熊本駅前→県立体育館前/6:57)
駅前6:56発で健軍町に向かいます。

(熊本市交通局 水道町→九品寺交差点/7:17)
市電は辛島町を経由するので一応追っかけが効くのですが、健軍町までは交通量の多い通りを進むのでなかなか撮影は厳しく…この橋の上も夏場だといい感じに日が当たるのですが、さすがにGW中日と言えど車を交わすことはできませんでした。もうちょっと健軍町寄りで日の当たるところを探さないとキツイかもしれませんね。

(熊本市交通局 県立体育館前/7:58)
再び上熊本の方に戻って復路を待ちます。
四角い車体に取って付けたようなダブルルーフ、大型方向幕搭載で足回りはVVVFとツッコミどころ満載のレトロ”調”電車101号。
ここまでやると逆にカッコよく見えてきます。

(熊本市交通局 県立体育館前/8:37)
帰ってきた5014AB。この頃にはかなり天気も回復し、なんとか晴れで収めることが出来ました。
この手のマルーンはやはり晴れた方がいい色が出ます。

(熊本市交通局 通町筋/9:12)
5014ABが引っ込んだ後は通町筋電停で修復中の熊本城と。お城自体はあまり興味が湧かないのですが、現代の技術で修復がなされていくさまはとても見応えがあります。

これにて熊本市電朝の部は終了。

カテゴリー: 撮影日誌-九州 | タグ: , , , | コメントする

【作業日報】7/30

ぼちぼち完成が見えてきたので進捗報告。

旧型客車第一弾、スハ43系です。大井川や北海道で資料を集めたり、シリーズ化のために標準化の下準備をしたりと色々やってきました。
仕様は固まっているのでバリエーション展開を続けていきたいところですが、とりあえずここで一区切り。
スハ43は車体形状に大きな差異はありませんが、細かいところを見ていくと一両一両個性があるので目立つ箇所の部品は選択できるようにしています。

代表型式スハフ42。やはりこの手の客車は窓が開かないとということで、パターン式ですが開閉窓を実装しています(2パターンあります)。

急行等の長大編成を組むのに欠かせない台車交換形式オハ47。ベストセラー台車のTR23ですが、今のところ当方のPIで使用しているのはこの形式だけです。もうちょっと有効活用したいところですが…

地味ながら現存する希少な新製軽量車オハ46。妻面がスッキリしている他、屋根のデフォルトの色を明るめに設定しているので編成に混ぜるとちょっとしたアクセントになるかもしれません。(他、同じく軽量型のオハフ45もモデル化しています。)

以上です。近日公開予定

カテゴリー: RailSim2-PI製作 | タグ: , , , , | コメントする

島原鉄道 D3703

2018年4月30日
豊後森から飛んで長崎。晴れると踏んで長崎本線の旧線に向かいましたが、不安定な天気にやられ微妙な結果に終わったので島原半島を鉄道沿いに南下。
しかしながら保存車を撮るとなると晴れるんですよねコレが。

こちらは島原鉄道のD3703。島鉄がDLを持っていたことを行くまで知らなかったのですが、結構最近まで在籍していたようです。
元は貨物輸送用だった同機は1984年の貨物廃止後も事業用として残り、雲仙普賢岳噴火後の復興輸送に従事した後1999年に廃車となったそうです。
廃車後はその功績を讃えてか鉄道線の横に保存されたものの、その鉄道線が10年経たずに廃止となり今ではほとんど人の目に触れない場所でひっそりと余生を過ごしています。

廃線跡との位置関係。さすがにレールは撤去されていますが、踏切の路盤は残存。このあたりは復興時に高規格で作り直した区間なので、随分と新しそうな設備なのに廃…という哀しい光景がそこかしこで見られます。

キャブから島原湾を。いつもは曇りの日を選んで行う保存車めぐりですが、この時ばかりは晴れてて良かったなぁと思いました。
この機関車が現役だった頃もキャブからはこういう景色が見えていたんでしょうね。

天草の方に渡るために口之津港から島鉄フェリー。口之津から鉄道線は消えましたが、鉄道会社のフェリーが残っていて鉄路と航路の連絡があったころを偲ぶことができます。

フェリーターミナルから道を挟んで反対側にはバスの待機場。元々ここが口之津駅だったようです。航空写真で見れば一目瞭然なのですが、ここまで変わってしまうとなかなか現地で鉄道線の面影を見つけるのは難しいです。

フェリーの時間があったのでかなり駆け足になった島原鉄道。記事を書くために改めて色々調べているとまだまだ面白いスポットがありそうなので今度行くときはもう少しじっくりと巡りたいものです。

カテゴリー: 撮影日誌-廃車・草ヒロ | タグ: , , , | コメントする

夜の豊後森

2018年4月29日
日豊本線で迂回ゆふ森を撮った後、久大本線沿いに西へ進んでいると21時くらいに豊後森に着いたのでちょっと扇形庫に寄ってくことに。


ちょうど月が出ていたので広めに。ここの扇形庫はたまにライトアップされているみたいですが、照らされるのは機関庫だけのようで、黒いSLと絡めて撮るにはライトアップされていない時の方がいいのかもしれません。
このSL、私が行った時はよくわからない砂利の広場に置いてある感じでしたが、これから二ヶ月程経った今ではちゃんと整備されて公園っぽくなっているようですね。その代わりにこのちょっとした廃墟感がなくなってしまったのでそれはちょっと残念かも。

カテゴリー: 撮影日誌-九州 | タグ: , , , | コメントする

【作業日報】7/13

製作過程を逐一報告していると”アレはいつ出るのか”とかのお問い合わせが面倒なので、最近は確実に公開できるのが分かった時点で(だいたい公開予定日の一週間前くらいに)進捗を出しています。
しかし水面下で進めて公開直前に表に出すとそれはそれで”嫌がらせで被せて来た”と仰る想像力豊かな方がいるので本当に面倒ですね。

変な因縁を付けられるのも困るので現時点で(一応)進行中のものを出しておきます。


205系。103,201と来たら順当な流れですね。以前言及した通り幕フォントの件があるので公開はしばらく先になりますが、バリエーションの多い形式ですので仕様を煮詰める時間が相応に必要になってくると思います。

旧型客車。まずはスハ43ファミリーから。これは割と完成が近いと思っています。

最近作ってる集合住宅。また団地ですが、以前のG○団地より現実世界にありそ~な仕様で仕上げていきます。

ユニット構造で組み合わせることができるので、規模の大きいものも再現可能なようにするつもりです。(残念ながらそれ相応に重いのですが…)

カテゴリー: RailSim2-PI製作 | タグ: , , , , | コメントする