[路線バス]バスPIベース 富士重工7E(U-UA440LSN/西武仕様) 公開


バス塗り絵シリーズ第三弾・富士重工7Eです。
[このプラグインの説明]
7Eは5Eの後継として1988年に登場した富士重工の大型路線バス向けボディです。マイナーチェンジを経つつ富士重工のバス車体架装が終了する2003年まで製造が続けられました。
各シャーシメーカーに架装されたため、形態差の非常に多い車体ですが、今回はそんな7Eの中でも比較的オーソドックスと思われる西武のU-代標準尺をモデルにしています。

塗装ベースの使い方等はこちらを参照ください。


▲オーソドックスな前中扉ツーステップタイプ。(k101_sample_7E(U-UA440LSN_SER)-1)


▲ラッシュ対策用の3扉ツーステップタイプ。(k101_sample_7E(U-UA440LSN_SER_3drs)-1)


▲塗装見本として熊本都市バスを同梱。(k101_kumamotocity_7E(U-UA440LSN_SER)-1)

このプラグインには
・ベースモデル
・サンプルPIデータ(白車体)
・塗装見本データ(熊本都市バス)
が含まれています。

◆テクスチャの変更でできること。
・ドア上ライトをカスタマイズできます。
デフォルトではドア上ライトが装備されていません。
“tex/カスタマイズ”フォルダの透過texを重ねてください。

・スピーカーをカスタマイズできます。
デフォルトではスピーカーが装備されていません。
“tex/カスタマイズ”フォルダの透過texを重ねてください。

◆テクスチャの選択+構文の変更でできること。
1.側面幕の位置を2種類から選べます。
(前・前中から選択可能。構文の変更箇所は構文のコメント(/* 側面幕位置一覧 */)に記載しています。)

2.屋根上機器の配置を変更できます。
エバポレーター・ベンチレータ2つは独立したオブジェクトなので、個別の削除・追加・位置変更ができます。

3.リアライトの仕様を変更できます。
リアライトを以下の3種類から選べます。
・柿の種テール+内寄り補助テール(rearlight_B-1.x/rear_B-1.png)
・角型テール+内寄り補助テール (rearlight_M-1.x/rear_M-1.png)
・角型テール+外寄り補助テール (rearlight_E-1.x/rear_E-1.png)

変更が必要な箇所は…
・Object3D “Body”{
“//リア”tex指定変更
・Object3D “TailLight”{
テールライトモデル変更+リアtex指定変更(コメント参照)

4.リアの幕サイズを大型に変更できます。(熊本都市バスを参考にしてください。)
変更が必要な個所は…
・Object3D “Body”{
“//リア”tex指定変更
・Object3D “makur-1″{
モデル変更(コメント参照)

多少難易度が上がっていますが、カスタマイズ可能な範囲が更に増えているので、わがまちのバス、オリジナルのマイ架空バスなどの再現にどうぞ。

【更新履歴】
[2019-07-07]以下の問題を修正。
・3扉車の後部ドアが半ドアになっているエラーを修正。(ボディxファイル修正)
・3扉車の後部ドアの窓texのエラーを修正。(透過ファイルを修正)
[2019-07-03]以下の問題を修正。
・ライト全消灯時にドライバーが消えないバグ。(ボディxファイル修正)
・ライト全消灯時の挙動バグを修正(ライト部分構文修正)
・非常口コックが描かれていないエラー(非公式側側面のtex,透過ファイルを修正)

【Q&A】
Q1.透過texフォルダ内のドア上ライトが透過になっていません。
A1.”乗算レイヤー”を使用して重ねてください。

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , , , | コメントする

[JR西日本]205系0番台京阪神緩行線仕様 公開


[このプラグインの説明]
国鉄末期に山手線と並行導入された関西地区の205系0番台。
投入された京阪神緩行線には既に201系が大量に導入されていたため、205系は7連4本の少数派でした。
103系や201系、207系と共に321系導入まで活躍し、2006年に阪和線へ転属しました。
その後、2011年に直通快速の4ドア化に伴う所要増で時間帯・走行範囲限定の運用ながら京阪神緩行線に復帰。
宮原区への転属に際してスカイブルー帯から321系等に合わせたカラーリングに変更されています。

今回のプラグインでは体質改善前の同車をモデルとし、
・京阪神緩行線(スカイブルー帯時代)
・阪和線(体質改善前スカイブルー帯・6/8連)
・京阪神緩行線(JRW色化・体質改善前)
の仕様を収録しています。

[Garally]

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , | コメントする

[JR東日本]205系メルヘン顔京葉線仕様 公開


[このプラグインの説明]
京葉線東京開業に合わせ登場した205系メルヘン顔。103系や201系、E331系等と共に活躍していましたが、E233系投入によって同線から撤退。現在は装いを改め宇都宮地区で活躍中です。
今回のプラグインでは05年以降の幕交換後の姿をプロトタイプとしています。(一応現時点でもスカートは外せるようになっていますが、登場時の仕様は今後のアップデートで追加する予定です。)


[更新履歴]
2019-04-30:以下のバグを修正
・中間車の幕位置がおかしい
・先頭車の片面だけステンレスの色調が違う
・編成番号RTN版対応
・中間車の台車が変化する条件が間違っている

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | コメントする

[路線バス]バスPIベース エルガミオ&レインボーⅡ 公開

バス塗り絵シリーズ第二弾は初代エルガミオ/レインボーⅡです。
[このプラグインの説明]
いすゞ エルガミオは1999年から約20年に渡って製造されたロングセラー中型バス。
世代によって細かな違いはあるのですが、今回は2007年モデルであるPDG-代をプロトタイプとしています。初代エルガミオの完成系とも言える世代ですので販売数も多く、日本全国都会から田舎まで見られる型式です。
日野 レインボーⅡは日野自動車から発売されている統合車種。このPDG-代からヘッドライトが一灯となり、エルガミオとの識別ポイントとなっています。

塗装ベースの使い方等はこちらを参照ください。


▲ベースの白車体です。エルガミオ/レインボーⅡで2種類用意しています。

▲塗装見本。LRと言えば一畑バス。そしてそれに並ぶKRと言えばやはり日ノ丸自動車でしょう。


このファイルには
・ベースモデル
・サンプルPIデータ(白車体)
・塗装見本データ(一畑バスLR&日ノ丸自動車KR)
が含まれています。

◆構文の変更でできること。
ベンチレーターの撤去が行えます。(デフォルトは”有り”です。構文の”ventilator”部分を削除してください。)

◆テクスチャの選択でできること。
非公式側の中央窓を固定窓にできます。(その仕様の透過texを同梱しています。)

◆テクスチャの選択+構文の変更でできること。
側面幕の位置を4種類から選べます。(前・前中・戸袋・後から選択可能。構文の変更箇所は構文のコメントに記載しています。)

前作の横浜市MPに比べてカスタマイズ可能な範囲が増えているので、わがまちのバス、オリジナルのマイ架空バスなどの再現にどうぞ。

【更新履歴】
[2019-03-18]公式側のホイールアーチが表示されていない問題を修正。

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , , | コメントする

バスPI塗装のユーザー開放開始

当方のバスPIのバリエーション展開は色々な事業者のカラーリングを集めたバスコレクションという形で行ってきました。
しかし最近あまりバスPIに掛けられる時間がなくなってきたこともあって、バリ展が遅々として進まないようになってしまいました。
そこで方針を転換し、今後は簡単に色を塗ることができる塗装キットを提供することにしました。(従来の完成品も並行して公開していきます。)

最初はニューエアロスター。以前、架空の狛枝市営バスとして公開したものに少し手を加えて再構成しています。
画像右が提供する白車体。真っ白の透過テクスチャになっているので、これの白い(不透明の)部分に色を塗り、同梱の透過texを重ねてテクスチャを作成することで、左のようなバスが簡単に作れます。
※透過の部分はそのままにしておいてください。

・フォルダ構成について

◆k101_bus_platform…
このフォルダの中にモデルと共通のtexが入っています。ここは弄らないでください。
◆青枠の部分
塗装したバスをTrainPIとして遊ぶために必要なフォルダです。
フォルダ名を各自変更してから塗装を行ってください。
※Train2.txtの構文は、ほとんど変更しなくてもRS上に表示することができるようになっています。
一番上のPluginHeaderで名前と説明を変更してください。
◆赤枠の部分
青枠の部分で作ったtexを呼び出し、StructPIとしても使用できるようにする構文が入っています。
TrainPIフォルダの相対パスが構文中にいくつかあるので、自作したTrainPIのパスにword等で一括変換してください。

・texの公開について

上記フォルダの赤枠と青枠の部分については、許可なしに公開が可能です。
TrainPIとして公開する場合は青枠の部分を
TrainPI+StructPIとして公開する場合は赤枠+青枠の部分を梱包してください。
※公開する際は必ずデフォルトからフォルダ名を変更してください。上書きされてしまいます。
※公開する際はベースの部分(k101_bus_platform…)を同梱しないでください。


▲路線バスPIベース_ニューエアロスター(KC-MP717K・横浜市中古)▲
ベースモデルとサンプルデータが入っています。

▲[路線バス]アルピコ交通_ニューエアロスター(KC-MP717K・横浜市中古)▲
サンプルデータから作ってみたアルピコ交通です。使用するには上のベースが必要です。

カテゴリー: RailSim2-PI公開, RailSIm2-製作支援 | タグ: , , , , , | 1件のコメント