島原鉄道 D3703

2018年4月30日
豊後森から飛んで長崎。晴れると踏んで長崎本線の旧線に向かいましたが、不安定な天気にやられ微妙な結果に終わったので島原半島を鉄道沿いに南下。
しかしながら保存車を撮るとなると晴れるんですよねコレが。

こちらは島原鉄道のD3703。島鉄がDLを持っていたことを行くまで知らなかったのですが、結構最近まで在籍していたようです。
元は貨物輸送用だった同機は1984年の貨物廃止後も事業用として残り、雲仙普賢岳噴火後の復興輸送に従事した後1999年に廃車となったそうです。
廃車後はその功績を讃えてか鉄道線の横に保存されたものの、その鉄道線が10年経たずに廃止となり今ではほとんど人の目に触れない場所でひっそりと余生を過ごしています。

廃線跡との位置関係。さすがにレールは撤去されていますが、踏切の路盤は残存。このあたりは復興時に高規格で作り直した区間なので、随分と新しそうな設備なのに廃…という哀しい光景がそこかしこで見られます。

キャブから島原湾を。いつもは曇りの日を選んで行う保存車めぐりですが、この時ばかりは晴れてて良かったなぁと思いました。
この機関車が現役だった頃もキャブからはこういう景色が見えていたんでしょうね。

天草の方に渡るために口之津港から島鉄フェリー。口之津から鉄道線は消えましたが、鉄道会社のフェリーが残っていて鉄路と航路の連絡があったころを偲ぶことができます。

フェリーターミナルから道を挟んで反対側にはバスの待機場。元々ここが口之津駅だったようです。航空写真で見れば一目瞭然なのですが、ここまで変わってしまうとなかなか現地で鉄道線の面影を見つけるのは難しいです。

フェリーの時間があったのでかなり駆け足になった島原鉄道。記事を書くために改めて色々調べているとまだまだ面白いスポットがありそうなので今度行くときはもう少しじっくりと巡りたいものです。

カテゴリー: 撮影日誌-廃車・草ヒロ | タグ: , , , | コメントする

夜の豊後森

2018年4月29日
日豊本線で迂回ゆふ森を撮った後、久大本線沿いに西へ進んでいると21時くらいに豊後森に着いたのでちょっと扇形庫に寄ってくことに。


ちょうど月が出ていたので広めに。ここの扇形庫はたまにライトアップされているみたいですが、照らされるのは機関庫だけのようで、黒いSLと絡めて撮るにはライトアップされていない時の方がいいのかもしれません。
このSL、私が行った時はよくわからない砂利の広場に置いてある感じでしたが、これから二ヶ月程経った今ではちゃんと整備されて公園っぽくなっているようですね。その代わりにこのちょっとした廃墟感がなくなってしまったのでそれはちょっと残念かも。

カテゴリー: 撮影日誌-九州 | タグ: , , , | コメントする

【作業日報】7/13

製作過程を逐一報告していると”アレはいつ出るのか”とかのお問い合わせが面倒なので、最近は確実に公開できるのが分かった時点で(だいたい公開予定日の一週間前くらいに)進捗を出しています。
しかし水面下で進めて公開直前に表に出すとそれはそれで”嫌がらせで被せて来た”と仰る想像力豊かな方がいるので本当に面倒ですね。

変な因縁を付けられるのも困るので現時点で(一応)進行中のものを出しておきます。


205系。103,201と来たら順当な流れですね。以前言及した通り幕フォントの件があるので公開はしばらく先になりますが、バリエーションの多い形式ですので仕様を煮詰める時間が相応に必要になってくると思います。

旧型客車。まずはスハ43ファミリーから。これは割と完成が近いと思っています。

最近作ってる集合住宅。また団地ですが、以前のG○団地より現実世界にありそ~な仕様で仕上げていきます。

ユニット構造で組み合わせることができるので、規模の大きいものも再現可能なようにするつもりです。(残念ながらそれ相応に重いのですが…)

カテゴリー: RailSim2-PI製作 | タグ: , , , , | コメントする

[JR東日本]201系 中央線統合パック 公開


[このプラグインの説明]
かつての中央快速線・中央総武緩行線の主力、201系をモデル化しました。
収録プラグインは
・中央快速線仕様(武蔵野線としても使用可能)
・中央総武緩行線仕様
・青梅・五日市線仕様(青編成)
の3種類です。

活躍期間が比較的短かった青編成以外は、それぞれ時代設定のためのスイッチが複数組まれています。
中でも中央快速線仕様は
・大型電照幕を装備した晩年の姿
・昭和末期から見られた差し込みサボを装備した姿
・登場時の特快看板を掲げていた姿
を再現できます。

昨年公開の京阪神緩行線仕様をベースに、103系並の自由度を持たせています。(特に中央快速線仕様)
最近の編成を中心に編成テンプレートを組んでいますので、そこから各スイッチを弄ってお好みの仕様に仕立ててみてください。

[Garally]

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , , , , | コメントする

日豊迂回ゆふ森

2018年4月29日
九州に行ったら撮ってみたいと思っていた迂回ゆふいんの森。
昨年の豪雨で一部区間が不通となった久大本線久留米口の代わりに日豊本線を経由して湯布院を目指すものです。
特急街道の日豊本線を走るためソニックに抜かれ快速に抜かれるノロノロダイヤ…というのはこの時既に過去の話だったようで、2018年春の改正でそれなりに特急らしいダイヤに直されていました。まぁそれでもソニックには抜かれるんですけどね。


(日豊本線 中山香→杵築/ゆふいんの森91号/11:50)
改正前の写真を見て、もうちょっと遅めの時間だと思い込んでいたのですが、改正後の時刻は完全にお昼でした。この時期の大分はホントに太陽が真上から照ってる感じなので順光も何もありませんが、この塗装のお陰で見れる写真になったようなそうでもないような。


(日豊本線 杵築→大神/ソニック25号/14:41)
合間に撮れるソニック。前照灯がLED化されてちょっと表情が変化した883系ですが、メカニックなデザインにこの白色の前照灯は結構似合ってる気がします。


(日豊本線 立石→西屋敷/ゆふいんの森92号/16:31)
返しは西屋敷定番にて。最近5連になったキハ72。5両繋がると気動車特急は迫力が違いますね。

生い立ちを考えるとキハ71の方が面白い車両ですが、デザイン面ではキハ72の方が後発ということもあってスタイリッシュだと思います。
今回キハ71の方はあまり縁がなかったので、久大本線が全通したらまた両者の”いつもの姿”を撮りに行きたいものです。

カテゴリー: 撮影日誌-九州 | タグ: , , , , , | コメントする