宮崎交通 高千穂線

2017年3月21日
RSの方で宮崎交通のP-RJ/RRが公開された頃に丁度宮崎に行ってまして、あんまりにもナイスなタイミングだったんで現地で驚いていたのですが、その時のレポです。
ところで宮交のRJ/RRのPIは割と作りたかったものの一つなのですが、形態差まで再現した素晴らしい作品が出てしまったのでまた別の何かを作ることにします。

2年程前に延岡に来た時は駅前でチョロっと撮っただけで終わったのですが、さすがにそれじゃ勿体ないよなということで今回はちょっと奥の方に踏み込んでみることに。
そうそう変わることもないだろうと思っていた延岡地区も2年の間に少し変化がありまして、残念ながらブルリのノンステは宮崎地区に転属になり延岡から姿を消してしまったのですが、その代わり?客貨混載バス”ヒトものバス”が走り出しました。

閑散時間帯の拠点間宅配便輸送をバスで行おうという全国的にも希少な輸送形態なのですが、ここ宮交ではこの数年で発展して現在ではなんと3路線で運行されています。うち唯一大型を使っているのがこの高千穂線です。

高千穂線の起点、延岡バスセンターを出発するヒトものバスのキュービック(U-LV)。こういった新しい事業を開始するに当たっては、普通新しめの車両を改造して充てるものだと思うのですが、西都と延岡の路線は製造から2-30年経った古参車が抜擢されています。
もし失敗しても原型に復することなく廃車にできるから…という理由なのかもしれませんが、なんにせよ古参車に新しい活躍の場が与えられるのは嬉しいことですね。

(32.637097, 131.405694)
てなわけで、ヒトものバスに先行しつつ五ヶ瀬川沿いを上っていくのですが、初めて通る路線なので色々苦戦しつつなんとかそこそこに見渡せるところで一枚。ヒトものバス含め半分程度の便はバイパス経由なので見下ろすところも見上げるところもあまり無いのが難点です。このあたり、伊予鉄南予のメロディーラインの路線と似ています。

(32.592100, 131.494201)
半分程度がバイパス経由と書きましたが、ではもう半分はどこを通るのかと言うと

旧道

です。響きだけでワクワクしますね。
この写真のKRは旧道経由の便で、上に見えるコンクリの立派な橋がバイパスです。しかしあまりにも立派なので高速道路みたいですね…実際九州中央自動車道の一部みたいなものですからそりゃ立派なわけです。

(32.601314, 131.471517)
幕に直球で”旧道”と書いてくれてる幕車は説明の手間が省けてありがたいです。
高千穂線は基本中型ノンステ車(LR/KR)というイメージがありますが、どうもそれだけじゃ回せないようでたまに一つ目レインボーやジャーニーKが入ってるようです。
上のレインボーの後ろに見える立派な橋は”干支大橋”。平成7年にこの橋が完成したことでバイパスが全通したそうです。同型では国内最大級と言われる赤いアーチ橋はこの旧道区間のハイライトとも言えるでしょう。

(32.641059, 131.392238)
渓谷沿いを走る一つ目レインボー。ちなみにこの場所、今では視界が開けていますがかつて手前を斜めに横切るように高千穂鉄道線が通っていました。撤去は比較的最近のようで、Googleストリートビューにはトラス橋があった当時の画像がまだ残されています。

(32.608811, 131.471217)
バイパスほどではないですが、旧道も見下ろすところが少なくて渓谷と絡めるのに苦労しました。この写真も結構苦肉の策感あるのですが、案外悪くはないかなぁと。ちなみにこちらのトラスは廃線跡でもなんでもないようです。

(32.604323, 131.483970)
夕暮れ時、川沿いの集落を抜けていくジャーニーK。谷筋にへばりつくように発展した好ましい小集落で、いかにも”ローカルバスが唯一の公共交通”みたいな雰囲気ですが、写真手前に伸びる橋を渡った先にはかつて駅がありました。
高千穂鉄道線の気動車より古いバスが鉄路の使命を受け継いでるのですから、なんとも複雑な気持ちです。

(32.601371, 131.483555)
最後にそのまま干支大橋のバイパス側に上って。
旧道経由で高千穂に向かいバイパス経由で戻ってきた一つ目レインボーを。
高千穂線の運用繋がりとかは全然把握してなかったのですが、奇しくも同じ橋を背にして別経路で走る一つ目レインボーを納めることができました。

カテゴリー: 撮影日誌-バス | タグ: , , | コメントする

File:045,46 廃バス定食屋「場巣」

2017年3月訪問
紀伊水道~瀬戸内は何故か廃バス転用の飲食店が多いような気がします。
今回は香川県三豊市にある定食屋、その名も

「場巣」直球です。バス転用飲食店というと調理スペースをあまり取らないラーメンが圧倒的に多いので、ここのようにいくつか繋ぎ合わせたり別にスペースを設けてラーメン以外の普通の料理(?)を提供しているところは珍しい気がします。(当然のように?ラーメンも提供しているようですが)

店舗外観。若干ずらして配置された二台のバスは型式は違えど両者同じ世代の日野のバスなので謎の統一感があります。
型式は左がRC320(P)、右がRE100でしょうか。丸型が多いバス転用飲食店の中では比較的新しい部類に入りますね。

車体は単色に塗りなおされていますが、剥がれたところから琴参バスの色が出てきています。

なんと持ち帰りもOK.ということで同行のSATOさんが買った唐揚げを少し分けてもらいました。結構なボリュームにキャベツまで付いていたので大満足。
この時はさぬきうどんを食べた直後で腹が膨れていた上に時間も無かったので店内では食事をしなかったのですが、いずれまたこのあたりを通ることがあれば利用したいです。

カテゴリー: 撮影日誌-廃バス | タグ: , , , | コメントする

最近の344

2017年4月8,10日
今年の京都は快晴×桜を見ること叶わず散り始めてしまいました。曇るどころか雨続きだったので家に籠ってようと思っていたのですが、面白い運用だったのでちょっと市バスでもと…

烏丸の一台モノ、そして京都市最後の富士重ボディの344(KL-UA272KAM)が応援便で急行100に入ってると聞いて岡崎公園へ。
烏丸のUA272は西工車体が10台近く居ますが、この344は取扱いが異なるのかあまり稼働率がよくないようで、普段は週末の急行101にチョロっと顔を出す以外は車庫で寝てる印象があります。(捕捉できないだけで多分北系統とかには日常的に入ってるんでしょうけど)

まぁそんなわけで神出鬼没な一台ですので、通常運用に入ってる時よりは情報が上がりやすい変な運用の方が捕えやすい変わった車です。

なにはともあれせっかくの桜の季節に経路に桜の多い急行100に入ってくれたのですからやっぱり桜と撮らないとということで

哲学の道へ。うんざりするほど観光客だらけで立ち位置に苦労しましたがなんとか。


その二日後。これまたあんまり入らない(と思われる)204系統に入ったとのことで。
204系統らしさの出るところを考えたのですがあんまり思い浮かばなかったので普通に。
しかし7Eは幕が奥まったところにあるのでこの角度だと4がほとんど見えないのでした。京都市の新7E撮るの久々すぎて忘れていました。

344、最悪ツーステと一緒に3月に死ぬかもと思っていたのですが、なんとか生き延びてくれたのでまたちょくちょく追っていけたらなぁと思います。心なしか稼働率も上がってきている気がしますしね。

カテゴリー: 撮影日誌-バス | タグ: , , , | コメントする

File:044 徳島バス MR410

2017年3月確認
この塗装で丸型は初めて見たような…

割と古い型の三菱の丸型バスですが、このあたりだと割と見かける気がします。このクルマとかそろそろ50年モノだと思うのですがよく残っているものです。

このバスの型式はおそらく昭和45年前後のMR410。呉羽ボディを載せています。これもこの地方の標準

錆びはありますが結構現役時代の面影を残してると思います。現役時代の社番はF-679ですかね。
そういえばこの時代のふそう車によく見られる前ドア後ろの縦長の窓は尺調整用の小窓らしいのですが、この小窓分の延長でどれほど定員が変わったのでしょうか。

インタホーン

リア。どうもエンジンはまだ入っているようです。左右のルーバーの同じ場所に穴が開いてますね。かつては何かがあったけど腐食で脱落した様子。

正面。呉羽の車体はやっぱりどこか垢抜けない感じがあります。エンブレムが残っていたらもうちょっと締まるのでしょうけども…
ぶら下がっているコードは電気供給用のようでまだまだこの廃バスは現役のようです。

カテゴリー: 撮影日誌-廃バス | タグ: , , , | 2件のコメント

103系首都圏仕様取扱説明書

先日公開した首都圏仕様の103系、作った本人でも編成を組むのに数十分掛かるほど複雑なプラグインになってしまったのでどのスイッチを弄ったら何ができるのかをメインに取扱説明書を作ることにしました。
※説明に使用している画像は製作中のものを含みます。また大部分が実際に存在しなかった形態です。

    1.車種構成について

基本番台は、クハ・クモハ・中間車の3つ、1000番台はクハ・中間車の2つに集約してプラグイン化しています。
基本番台の中間車はモハ103・モハ102・サハ103、1000番台の中間車はモハ103・モハ102を収録しています。
それぞれ標準的な103系新製車をプロトタイプとしており、試作車・試作冷房車・101系からの編入車・72系からの編入車は収録していません。

    2.各スイッチについて(クハ103基本番台)

Switch No.1:車体塗装[各車設定スイッチ]
車体塗装を変更するスイッチです。
基本となる5色(ウグイス・スカイブルー・オレンジバーミリオン・カナリア・エメラルドグリーン)を収録しています。
それぞれの塗装の走行線区は…
ウグイス:山手線・横浜線・埼京線・(川越/八高線)
スカイブルー:京浜東北線・横浜線・京葉線・仙石線
オレンジ:中央快速線・青梅/五日市線・武蔵野線
カナリア:中央総武緩行線・南武線・鶴見線
エメラルドグリーン:常磐快速線・成田線
です。今回は個別設定スイッチのみなので旧作のように編成一括設定はできなくなりましたが、国鉄時代に見られた混色編成を再現することができます。

Switch No.2:形態[各車設定スイッチ]
製造期間が長かった103系は、時代の流れと共に車体が進化していきました。
クハで5種類、中間車で2種類の形態を収録しています。
先頭車のそれぞれの特徴は以下の通り。

    ・初期車(原型前照灯)


103系量産開始時からの形態です。前面は低運転台に大型の白熱灯を、側面は隅にRの付いた窓を装備しています。登場時は非冷房で側面方向幕もありませんでした。クハ103では177までと500番台の全車が該当します。
500番台やクモハ103を合わせると400両以上存在した形態で、各種改造を受けながら最後まで車齢の若い車両と一緒に活躍していました。

    ・初期車(改造シールドビーム)


初期車の大型前照灯をシールドビーム2灯に改造して生まれた形態です。後年まで残った初期車のほとんどはこの形態に改造されています。

続きを読む

カテゴリー: RailSim2-雑談 | タグ: , , , | 3件のコメント