影の出る木を作る


木陰のある木が欲しいという要望があったので、ちょっと検討してみました。

今あるRailSimの樹木の主流はビルボードだと思っています。
ビルボードとは、1ポリゴンの長方形の板に樹木の透過画像を貼った単純なもの。RailSimではカメラの方向に対応してオブジェクトを自動回転させる設定が出来るので、ペラペラの絵でも常に正対した状態となってまるで立体の木がそこにあるように映ってくれるというものです。

しかしながら、ビルボードの実体はペラペラのポリゴンなので、RSの機能で影を落とそうと思っても長方形の影が出てしまいます。
RSの機能を使ってちゃんとした影を落とすならばフルポリの樹木を作ってあげないといけないのですが、これは手間も掛かる上に数百単位で配置する木を全てフルポリにするのはあまり現実的ではありません。

なので、今回は簡易シャドウを使って疑似的に木陰を用意してあげることにします。

単純ですね。ポリ数は2倍になりますが所詮2ポリです。
texは樹木用と影用(黒ベタ80%)で二つ用意しています。影のtexは別個に用意しなくても樹木用のものを黒く塗り潰して材質設定で半透明にすれば表現できるのですが、DayAlphaを使って日の出と共にボワッと影が浮き出るやつをやりたかったので影専用texを用意しています。

さてそれではこの影を動かしていきましょう。時刻の変化と共に影をどうやって動かそうかなぁと考えていたら、RSには光源の向きによってオブジェクトを自動回転させる便利機能もあるようで、これを使ってやります。

適用した結果がコレ。隣の便所はRSが描画するシャドウとの比較用です。
時刻と共に影は伸び縮みすることはありませんが、これだけ動けば簡易シャドウとしては十分でしょう。


+αで月ごとに影のポリゴンの長さを変えることで、夏は短い影、冬は長い影が出るようにしてみました。しかしこの機能、RSの時計の数字を拾っているので実際にその月まで時計を動かさないと影の長さが変わらないので微妙かもしれません。
また、簡易シャドウ系で悩みの種なのはZバッファの干渉によるチラつきですが、これはシャドウのポリゴンに微妙に傾斜を付けることで低減しています。(影の端の方を5cmくらい上げています。)


最後に使用例。影が付くことで、樹木が浮いてる感じがマシになっているのではないでしょうか。(特にこういった雪原では)

今回の樹木PIはtexにPhotoshopCCで自動生成されたイラスト5種を使用しています。また、透過設定を甘めにしているので場所によっては後ろのオブジェクトが透ける場合があります。(遠景で目立たない程度にしています。アンチエイリアスを活かしたいがための処置です。)

カテゴリー: RailSim2-PI公開, RailSIm2-製作支援 | タグ: , , , | コメントする

[国鉄]旧型客車オハ61 公開

[このプラグインの説明]
木造客車の台枠を流用して製造されたローカル用鋼体化客車60系。
オハ61を初めとする広窓形の3等客車は60系で最もポピュラーなタイプ。
全国各地の普通列車で使用されました。

このプラグインは
・代表型式オハ61
・緩急車のオハフ61
・北海道向けオハ62
・北海道向け緩急車のオハフ62
を収録しています。
※北海道向けオハ62・オハフ62は大型蓄電池箱と歯車式車軸発電機を装備しています。

オハ61は同時期に製造されたスハ43と見た目はほぼ同じですが、
・木造車譲りのTR11を装備
・スハ43よりボックス一つ分窓が多い
・スハ43より微妙に車長が短い
・ボックス席の背ずりが板張り
などの違いがあります。雑客編成中の微妙な違いをお楽しみください。

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , | コメントする

[自動車-軽-乗用車]スズキ ジムニー(JA22W_JIMKEN TAC仕様) 公開


[このプラグインの説明]
小型軽量なオフロード車として高い人気を誇るジムニー。JA22は現行から数えて2代前の最終モデル。
この型からサスペンションが従来のリーフスプリングからコイルスプリングに変更され、オンロードでの快適性が向上しています。
そんなJA22をパイプバンパーとSSグリルのカスタマイズでかわいくも頼もしいスタイルに変身させてみました。

・StructPIです。(ホイールのハイライトをそのままとしているため)
・ステアリングを切ることができます。
・ステアリング角によって車体が傾斜します。(車体の傾斜をスイッチで止めることもできます。)
・ライトの点灯・消灯状態が選択できます。
・車体色を12色から選択できます。

カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

三岐鉄道の西武電車 その2

2018年11月2・17日

前記事

2日に運用が分かってしまったのであとは上手いこと流れてくれれば追うのは簡単です。
3連の運用は3日で一回りするので、15日後の17日ならまた終日運用に入ってくれるだろうというワケです。
17日の午前中は天気予報がイマイチだったので、遅めの出発で昼前の出庫から追うことに


(三岐鉄道線 東藤原駅/11:59/19列車)
まだまだ雲量が多かったので曇ってもあまり関係のないここで。セメント工場のプラントとタキが写って、三岐らしいカットのなったかなと思います。

(三岐鉄道線 丹生川→三里駅/12:46/30列車)
朝の場所の線路を挟んで反対側。貨物も撮れる場所ですが、3連の収まりが結構いいのでお気に入り。

(三岐鉄道線 三里-大安駅/14:38/27列車)
後打ちですが新101系の751F。日中の3連は1運用だけなのですが、2連の運用に余裕がないので3連で代走することが度々あるようです。
三岐はそもそも日中前照灯を付けないのがデフォなので、後打ちでもパッと見なんら変わりありませんね。

(三岐鉄道線 三里→大安駅/14:49/36列車)
間もなくやってきた805F。14時台でこの光線の低さ、いい季節になりました。(の代わり後ろの方の影がかなり怪しいのですが…)


(三岐鉄道線 山城→保々駅/15:45/31列車)
15時台ながらほぼほぼ太陽が真横になってしまったのでこの列車にて打ち止め。

半日だけでしたが、なんだかんだ上下列車共撮影ポイントには困らなかったので満足できる撮影でした。
編成撮りは概ね満足したので、次行くときはまたちょっと違った撮り方ができたらいいかな。

カテゴリー: 撮影日誌-中部私鉄 | タグ: , , | コメントする

[住宅-一戸建て]KD近郊住宅A 公開


(画像は開発中のものです)
[このプラグインの説明]
郊外にありそうな少し大きめの2階建て一軒家です。
・壁色を1F,2Fそれぞれ9種類から選択可能です。
・屋根色を10種類から選択可能です。

そこそこのリアルさで比較的軽めの住宅を作りました。土台含め120ポリで材質も6つ、texの最大解像度も512px四方なので、レイアウトにたくさん置いてもそんなに負荷は掛からないと思います。
バリエーション展開も容易な構成にしてあるので、そのうち形状が増えるかもしれません。


カテゴリー: RailSim2-PI公開 | タグ: , , , | コメントする