クハ489-1 梅小路へ

2015年2月11日
梅小路にできる新しい鉄道博物館に所蔵される489系の先頭車が配給輸送されてくるということで、終電間際の京都駅へ。


(京都駅)
EF81-106の牽引で滑り込んできたクハ489-1
既に隣のホームは暗い・・・

(京都駅)
お色直しされたクハ489側 別付けされたテールライトが変な感じ
博物館収蔵車両でも雨どいを赤く塗らない松任スタイル
現役末期の雰囲気が出ていてよいですね

(東海道本線 山崎~島本)
このクハ489-1含む金沢のH01編成を最後に見たのは2011年3月のさよなら運転の時でした
それから既に4年が経過しているというのが驚き

新博物館ではどのような姿で展示されるのでしょう 楽しみです。

カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)