チョッパな国電


久々に国鉄通勤車を作っています。201は一年半?ぶりくらいの二代目で203は初製作になります。
初代の201は結構お粗末な作りだったので京阪神緩行と中央快速をちょびっと公開しただけに留まりましたが今回はきちんと仕上げて出したいところ。

気動車シリーズから一転、窓からチョロっと見える程度の簡易なものですがまた内装つきになりました。(気動車シリーズは内装のバリエーションが多すぎて完全再現が不可能という理由もありました。)
またキハ40シリーズから標準になった表記類やドアステッカーなども装備し、車両の横の表情に味付けをしています。

側面の感じ。窓の表現や反射を前作からガラっと変えました。東の車なので転落防止幌も装備しています。

以上が試作品渡して撮ってもらったやつ。以下ウチで前作と並べて撮ったものです。

あまり目立たないところの表現強化を今回の目標にしていたので前作と並べても実はそこまで差が見られないのですが、床下などは流用ゼロで完全新規で作り直しています。

中間車を上から。ほぼベタ塗りだった屋根texもそれっぽく。

基本は出来上っているのであとは多少のバリエーション展開や車番の実装を行います。近く公開予定…多分




カテゴリー: RailSim2-PI製作 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)