DD16 304 津山へ

2015年8月5日

お久しぶりです。色々と面倒なことが一通り終わったので更新を再開して行きたいと思います。
製作支援の方も製作と並行してチマチマ進めていきます。多分。

10日程前、大糸線西日本区間の除雪に使用されていたDD16 304が津山での保存に向けて回送されました。

(東海道本線 京都)
向日町まではトワイライト塗装のEF81に牽かれて。西日本のEF81もいつの間にか少なくなりローピンは全滅したとの話も聞きます。トワ釜もあと何機居るのでしょう…?

(東海道本線 京都)
除雪用DD16の特徴の一つ、機関車本体と同じくらいの大きさがあるラッセルヘッド。暗い夜の京都駅でも存在感は抜群。
扇形庫の有効長の関係で片方のラッセルヘッドのみ連結された状態で回送されました。

現役時代は夜間走行がほとんどで撮れずに終わったDD16、いずれ津山の扇形機関庫がまた開かれた時には見に行きたいものです。

カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)