File:045,46 廃バス定食屋「場巣」

2017年3月訪問
紀伊水道~瀬戸内は何故か廃バス転用の飲食店が多いような気がします。
今回は香川県三豊市にある定食屋、その名も

「場巣」直球です。バス転用飲食店というと調理スペースをあまり取らないラーメンが圧倒的に多いので、ここのようにいくつか繋ぎ合わせたり別にスペースを設けてラーメン以外の普通の料理(?)を提供しているところは珍しい気がします。(当然のように?ラーメンも提供しているようですが)

店舗外観。若干ずらして配置された二台のバスは型式は違えど両者同じ世代の日野のバスなので謎の統一感があります。
型式は左がRC320(P)、右がRE100でしょうか。丸型が多いバス転用飲食店の中では比較的新しい部類に入りますね。

車体は単色に塗りなおされていますが、剥がれたところから琴参バスの色が出てきています。

なんと持ち帰りもOK.ということで同行のSATOさんが買った唐揚げを少し分けてもらいました。結構なボリュームにキャベツまで付いていたので大満足。
この時はさぬきうどんを食べた直後で腹が膨れていた上に時間も無かったので店内では食事をしなかったのですが、いずれまたこのあたりを通ることがあれば利用したいです。

カテゴリー: 撮影日誌-廃バス タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)