生駒ケーブル 前編

2013年6月09日
SATO先生の方と丸被りになりそうですがまぁいいや。
先週末の日曜日、ドライブついでに色々なところへ連れて行って頂きました。
その内の一つが生駒ケーブル。半分通勤路線と化したケーブルカーとして有名なところですね。

▲パッと見は至って普通の複線踏切ですが・・・

▲ここを通過するのはケーブルカー。
ケーブルカーに踏切があるってだけでもかなり珍しいと思いますが、ここにはなんと三か所も踏切があります。

▲その中でも特筆すべきなのがこの踏切。3つの中で一番規模が大きい踏切は、中間地点、ちょうど二つのケーブルカーが交換する地点にあります。
これだけ見ると複々線みたいですね。めっちゃ勾配キツいですけど。

▲麓側から一つ目の踏切から。中間地点の先から一気に勾配がキツくなっていますがそれまではケーブルカーにしては緩めの勾配になっています。だから踏切も作れるんですねぇ。

▲ちょうど中間にあるので来る時はもちろん上下同時に来ます。

▲ケーブルカーの離合がここまでキレイに撮れるところもそうそうないんじゃないでしょうか。
車両は妙な形してますけど・・・

▲「この踏切にはみぞ・ロープがあります」ケーブルカーの踏切らしい表記。ちなみにこの踏切は車両も通行するのでそこそこ舗装はちゃんとしてあって、よほどの事がない限りは足やタイヤを持ってかれたりすることはないと思われます。

▲歩行者・軽車両用踏切はちゃんと舗装がされておらず、ロープが二本通っているところは隙間が結構あるのでちょい危険かもしれないですね。
でも一度この踏切を自転車で通ってみたい感はあります。

▲生駒駅近くにあった温泉。すごいいい雰囲気を出してたのでちょっと寄り道して撮影。今度来た時には帰りに入って帰りたいですね。

一応続きます

カテゴリー: 撮影日誌-関西私鉄 タグ: , , , , パーマリンク