File:012 中紀バス K-CCM410

2016年5月29日 確認
残念な結果に終わったイカ釣りの帰り、SATOさんに案内して貰った物件。

毎度おなじみのゲートボール場の休憩室でした。
水平を取って撮影しているのですが、肝心のバスが傾いています。
バスの下の地面から傾いているのですが、手前の地面は水平なのでちょっと不思議な感じ。
地味に入れにくそうに見えますがどうやって入れたんでしょ?

CCMの観光顔は結構種類があるようなのですが、これは随分厳ついタイプですね。
規制記号がない時代のものはもっと平べったい前面窓をしているのですが、K-代なので路線車から幕部分を取っ払ったようなスタイル。

外から見た銘板。いすゞも川崎ボディも今とあまり変わらない英字のデザインなので銘板だけ見ると30年以上前のモノとは思えないのがすごい。


リア。緑に呑まれつつあります。夏になったらもっとひどいことになってそう。




カテゴリー: 撮影日誌-廃バス タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)