雪降る京都

2017年1月15日
年が明けてからしばらく忙しかったので更新が一月近く途絶えてしまいました。
最近特にネタになるようなことをしていないので、鮮度落ちですが三週前の大雪の時のことでも。

京都の冬はとても寒いのですが、意外と雪は降らないんですよね。平地でしっかり積もるとなると2-3年に一度くらいでしょうか。
そんなレアイベントの日に家でじっとしてるのも勿体ないので駆け回ってきました。(雪でかなり行動が制限されるんでちょっとだけですけど)

四条大橋の西詰。普段は始終大混雑の四条通ですが、ノーマルタイヤ一般車が締め出されたこの日はさすがに交通量激減でした。

四条河原町交差点の南側。雪のおかげで別の街に見えます。

一番雪が酷い時に来たブルリノンステ二台。途中同じ経路を通る二つの路線ですが並んでるのはさすがに初めて見ました。

これまた雪の酷い時に来たLV832。全然見えませんが後ろもLV832です。

さすがに昼過ぎになると雪もやみ、日が差してきました。こうなるとあっという間に路面の雪は融けてしまいますが、その後もしばらく屋根に雪を載せたバスが走っていました。
西賀茂とか九条とか、夜間の留置が屋外の営業所の車両はどれも5-10cmくらいの積雪。
梅津とか烏丸とかは基本積もらないと思うのですが、この199は営業所内でも場所が悪かったのかしっかり積もっていました。

ちょっとした用事で山の上に。
そこら中でスタックスリップが多発する中ちゃんと遅れながらも走ってくれるチェーン付きの京阪バスは頼もしい存在です。

山から降りてきたらまた雪が降り出したので銀閣寺道へ。
急行100の臨時が烏丸の58MCだったのですが、これじゃ何がなんだか…
でも新雪に轍を付けていく感じはいいかも。

雪はこのくらいの降り方でよかった。
そういえばハロゲンランプの車両も随分少なくなりました。次の大雪の時にはこの暖かい色のヘッドライトも見られなくなってるかもしれませんね。

棚ぼた京都バス。京都バスの7Eも随分少なくなったように感じますが、まだこんな古参が残っていたのですね。

最後に地元錦林の6241を撮っておわり。

1月半ばにドッと降ったのでこれから期待できるかな?と思っていたのですが結局雪は今のところこの時だけですね。
今年の除籍対象がいなくなる前にもう一回降らないかなぁ。




カテゴリー: 撮影日誌-バス タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)