しまんトロッコ回送

2017年3月20日

(予讃線 双岩→八幡浜)
よもぎさんとSATOさんと一緒に四国を巡っている時、たまたましまんトロッコの回送があるとのことで行ってきました。

しまんトロッコのトラは普段宇和島拠点で予土線のトロッコ列車で活躍していますが、検査などでたまに松山に帰ってきます。(しまんトロッコ色のキハ54は一般運用に入るのでちょくちょく松山に帰っています。)

この手の回送は四国以外ならカマに牽かせるのが普通でしょうが、四国のDE10は基本的に高松の方に居るのでわざわざ宇和島まで持ってくるのも手間です。
幸い?松山には強力な足回りを持っていてかつあまり仕事のない普通列車用キハ185が居ますので、松山~宇和島で自走できない車両の回送がある場合はだいたいこのキハ185が伴車として使用されます。
キハ32などの単独では峠を越えられない気動車の回送だとキハ185が1両付くだけなのですが、さすがにトラの回送となると1両ではパワーが不足するのか次位にキハ54を従えての運転となりました。
回送とは言え特急型+一般型+貨車(?)の珍ドコミキスト編成が白昼堂々走るのはさすが四国ですね。
でもさすがに大洲から先は特急街道の内子経由では帰れず海線を経由して帰ったようです。

海線にキハ185が走ること自体珍しいので追っかけようかとも思ったのですが、この日は空も海も真っ白で海線行ってもあんまり映えなさそう…と思ったのでここで打ち止めにしました。

(予讃線 双岩→伊予石城/宇和海13号)
同じ曇りならと近くへ転戦。毎年コロコロ運用が変わるTSE。今年の改正でなんと充当列車が増えました。
宇和島停泊も追加され、随分忙しい運用になって撮りやすくなったのはいいのですが、これが最後の走り込みなのかなぁとも。
来年また菜の花と撮れればいいのですがさすがに…どうでしょう?

カテゴリー: 撮影日誌-四国 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)