500 TYPE EVA

2018年4月21日
毎日同じ時間に走っているものはなかなか撮りに行く決心が付かないもので、このTYPE EVAも走り始めの頃に駅でテキトーに撮って以来一度も撮りに行っていませんでした。
十分な期間があったのでいつか行けるだろうと油断していたのですが、いつの間にかそんなことも言ってられないようになってきたので新幹線好きな知り合いに誘われて駆け込みで行ってきました。

山陽新幹線と言えば…みたいなポイントである大津トンネル。兵庫県は兵庫県なのですが端っこの赤穂なので今まで訪れることもなく、これが初訪問。

(山陽新幹線 岡山→相生/730A/こだま730号/10:09)
通過の2時間前に現着したのですが、既にキャパギリギリという感じで。なんとか立ち位置を捻じ込ませて頂いたのですが、足場が悪い場所なので安全を考えて本チャン+数本だけ撮ることに。さすが有名撮影地。

当たり前ですが新幹線は普通の鉄道とは難しさが段違いですね。こだまと言えど500系のスピードの前には6Dの連写は全く歯が立たず、結局一発切りとなりました。
高速列車の一発切りは心臓に悪すぎるので、次に大津トンネルに来る時はもうちょっと連写の効く機材で挑みたい…と思いました。


(山陽新幹線 岡山→相生/542A/さくら542号/10:48)
500系を撮るには悪くない光線でしたが、N700だとなんとなーくのっぺりな光線。もっと真横から当てた方が鼻筋が立っていいかもしれませんね。まぁまたいずれ…

カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)