境線増結編成 他

2015年5月24日
貧乏性なので航空祭だけのために米子というのもアレなんで寄り道&寄り道。

佐用まで高速で行ってそこから下道だったので前々から見てみたかった東亜国内航空のYS-11の胴体を見に行ってきました。
機首部分は電車とバスの博物館のシミュレーターとして使われているんだとか。何気に行ったことがないのでこちらも見てみたいです。

(伯備線 伯耆溝口~岸本)
日が出る前にロクヨン原色が来たので水鏡流し…なんですが、次位空コキで残念賞。

(伯備線 伯耆溝口~岸本)
一応この日の本命はこっち。夏ながら冬みたいな影の伸び方で来てくれて満足満足。





(境線 大篠津町~米子空港)
美保基地航空祭開催に伴って境線で40系の4両が走っていたので飛行機撮影のついでにこちらも撮影。

(境線 大篠津町~米子空港)
なんと姫新色も。てかまだ居たんですね…

(境線 大篠津町~米子空港)
開催時間帯は全ての列車が4連で更に4連の臨時まで出るという具合。こっちの編成も姫新色が。

(境線 大篠津町~米子空港)
後藤の47でこういう繋ぎ方をするのは初めて見たかもしれません。使えるものはフル稼働な一日でした。




カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)