105系×ひまわり

2019年8月9日
終焉迫る4ドア105系を撮りに和歌山線へ。


(和歌山線 大和新庄→高田/424T/7:12)
クハ103-1000からの改造車、通称地下鉄顔が424Tの先頭に入ると連日大盛況の大和新庄。同じ地下鉄顔でも来る度にスタイルが微妙に違う車両が来るのでなかなか新庄通いがやめられません。

(和歌山線 大和二見→隅田/437T/8:17)
この日はそのまま大和二見の上野町ひまわり園へ。成熟が早かったここのひまわりは既にチラホラ下向き加減。まだ大半が太陽に向かって咲いているのが救いでしたが、もう夏も終わりに向かっていますね。

(和歌山線 大和二見→隅田/1439M/8:42)
アップだと下向きが目立つのでいっそ目線を高くして上から全体を。まだまだ少数派な227系、この日大和二見で見たのはこの一本だけでした。
ステンレス車な上に地味な帯なので、遠景で撮ると風景に溶け込んでしまいますね。

(和歌山線 隅田→大和二見/434M/9:05)
午前遅めにやってくる4連、434M。和歌山の青緑色は色が鮮やかなので遠景でも目立っていいですね。側面がバラバラなのも和歌山らしさ。

増解結が絡むからか置き換えが後回しになっている和歌山線の4連運用。まだまだ組成のバリエーションも多彩で撮ってて楽しい被写体ですが、果たしていつまで見ることができますやら。



カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)