四日市界隈のDL 2015/2 その1

2015年2月19日
リニア館の帰りに四日市に行ってから一週間経ってないのですが、あの時撮り逃した原色牽引セメント列車のチャンスが回ってきそうだったのでJRで四日市へ。

(関西本線 柘植駅)
途中柘植のあたりは結構な雪。このくらいでは積もらないと思いますが車で来るのはちょっと怖いですね。

しかしそう上手くはいかないもんで、向かっている途中で運用を調べてたら直前でセメントは差し替え…またリベンジしなきゃいけないようですね。

(関西本線 四日市駅)
その代わりに四日市に着いたらこれが出迎えてくれたのでまぁ…いっか。
とりあえず狙いをこの原色重連に変更することにして、駅前のレンタサイクルで自転車を借りて塩浜へ。

(関西本線 塩浜駅)
塩浜に着くと専用線からの引き渡し待ちをしていました。塩浜のシンボル的な?アーチ橋とからめて

そうこうしているうちに専用線からタキを牽いたスイッチャーがやってきました。
なんと背面重連です。スイッチャーの重連ってのはあんまり見たことがない気がします。

入換の途中で近鉄アーバンライナーネクストのこれまた入換の並びが。これいつもこんな感じなんですかね…
発着線に据付が終わったあたりで撤収して、四日市方向の跨線橋へ。

(関西本線 四日市~塩浜駅)
思ってたよりスッキリしていていい感じ。9割架線下を通るDD51貨物の数少ない非電化撮影地の一つです。
四日市での停車を利用してまた先回り。こういう小回りが効くのが自転車のいいところ。

(関西本線 富田浜~四日市駅)
カーブなのでギリギリ重連って分かる位置で。

その10分ほど後に来るセメント貨物も同地点で。渡り線を端から端まで渡る列車らしいので撮りようによってはよいグネグネが撮れるとか。

列車を待ってる間にもDE10がオイルターミナルと四日市の間でチョコチョコ入換を。
地味ーに数を減らしているDD51/DE10ですが四日市界隈では元気に動き回ってるようで。嬉しいことですがこんな光景もいつまで見られますやら…

つづく

カテゴリー: 撮影日誌-貨物 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)