宇部界隈

2015年2月23日
三原から山陽本線に沿ってまたひたすら2号を走り広島西部へ。途中大竹付近で仮眠を。
起きたら二時間ほど経ってたので、これじゃ間に合わんと岩国から再び高速に乗って小郡へ。初日にして高速濫用です…

(山陽本線 本由良~厚東)
で、なんとか間に合った117系の福知山色。見たのは2008年9月の転属回送以来です。
転属から随分経っていたのでもう塗り替わってよなぁと思いきや前回の検査も塗り替えられず出場しました。(その分パッチワークなんですけどね)
本州の西の端、下関地区で5本が活躍している117系ですが、この地区では異端車になるので広島の227系投入後どうなることやら…
西では少数派の100番台も走っているのでこちらも早いこと押さえたいところであります。

一応この列車の30分後にもう一本列車があるのですが、山の影落ちが怖かったので離脱して宇部・小野田線へ。

(小野田線 居能~妻崎)
小野田線だし123系かな~と思ってましたけど普通に105系でした。塗り替えが遅いと言われている宇部・小野田線ですがこの時はこのくらいしかゆうパックカラーを見なかったのでほぼ完了しているみたいです。

(宇部線 岩鼻~宇部)
小野田線の写真と同じ川の少し上流にある宇部線の橋梁。結構新しそうな橋に見えますけど旧型国電が渡ってる写真もありますので意外と古いんかなぁと。
105系や103系に限ればこの末期色も悪くないかなぁと。

後で見たらキロポストブッ刺さってますねコレ。

つづく

カテゴリー: 撮影日誌-西日本 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)