伊予鉄南予 磯崎線

2015年2月27日
海沿いを走って来た予讃線は長浜で大洲方面に進路を変えるのですが、そのまま海沿いを走る道路沿いにも集落が点在してまして、その集落と長浜を結ぶのが伊予鉄南予バス磯崎(いさき)線です。
一日一往復とか朝の片道のみとかが結構多い南予バスにしては珍しく結構な本数が設定されており、一日中同じ車両がピストンしています。

始点の長浜営業所。1200代の淘汰が進んでいる現在ではまだ新しい方な一つ目RJ。

K-RJが数多く居た長浜ですがついにU-が仲間入り。どういう運用の分け方をしているのかイマイチ分からないのですが大洲病院の方へ向かう路線には割と新しい車両が入る傾向があるようでこの日は病院シャトルにU-が入っていました。

海沿いを長浜に向かう1565。この日は随分波が高かったのですが逆光でその感じを出すのはやはり難しい。

こういう路線では割とある二車線の本線から分岐して集落を通る経路。その中でもこの須沢集落部分では本線が砂浜の上に高架で通してありました。
便によって本線経由と集落経由があるのがまた面白いところ。

別にスクールバスというわけではないのですが、この地域の小学生の貴重な足となっているのは間違いないようです。

逆向きが集落から出てくるところ。高架橋の端からヒョコっと出てくる姿がなんとも面白い。
ずっと海沿いの国道を走りますが色々と変化に富んで面白い路線でした。便数も多いので退屈しないのでまた行きたいところ。



カテゴリー: 撮影日誌-バス タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)