File:050 三重交通 BU10

2017年5月 確認

都会の住宅地の中に佇む廃バス図書館


随分とファンシーな色に塗られたいすゞの廃バス。
関西にはちょっと似合わない前中扉のツーマン仕様車。前情報でどこの事業者なのかは分かっていて、こんな色になっても元事業者が分かるなんてさすがだなぁと思っていたのですが…

思いっきり書いてました。”三重交通”
モノコックの中でも”比較的”新しい後期型のBUシリーズにこういった後部の泥除けが付いているのは結構珍しいと思われます。
新製当初の三重の道路状況が察せますね。
塗装こそ変わってしまいましたが、車体や装備品は三重交通時代の仕様を色濃く残していて、前面の大型方向幕やら社章も残っています。

いつからこのバスがここに置かれているのかは分かりませんが、周囲の景色がちょっとずつ変わっていく中で、この廃バス図書館は嬉しいことに今も公開されているようです。
ちなみになんで”ねこバス”かと言うと…

この側面イラストが由来なんでしょうね。なんか見たことある絵だなーと思っていたのですが、すぐに識者の方?に正解を教えて頂きました。便利な時代です。

ちなみに開館日は週に一回のようで、いずれ中にも入ってみたいところです。(場違い感半端なさそうですが)




カテゴリー: 撮影日誌-廃バス タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)