【作業日報】7/30

ぼちぼち完成が見えてきたので進捗報告。

旧型客車第一弾、スハ43系です。大井川や北海道で資料を集めたり、シリーズ化のために標準化の下準備をしたりと色々やってきました。
仕様は固まっているのでバリエーション展開を続けていきたいところですが、とりあえずここで一区切り。
スハ43は車体形状に大きな差異はありませんが、細かいところを見ていくと一両一両個性があるので目立つ箇所の部品は選択できるようにしています。

代表型式スハフ42。やはりこの手の客車は窓が開かないとということで、パターン式ですが開閉窓を実装しています(2パターンあります)。

急行等の長大編成を組むのに欠かせない台車交換形式オハ47。ベストセラー台車のTR23ですが、今のところ当方のPIで使用しているのはこの形式だけです。もうちょっと有効活用したいところですが…

地味ながら現存する希少な新製軽量車オハ46。妻面がスッキリしている他、屋根のデフォルトの色を明るめに設定しているので編成に混ぜるとちょっとしたアクセントになるかもしれません。(他、同じく軽量型のオハフ45もモデル化しています。)

以上です。近日公開予定

カテゴリー: RailSim2-PI製作 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)