徳島で見たバス達

2013年6月29日・30日

徳島市交通局のキュービックの初期車です。聞くところによると都営中古だそうで、都営キュービックのPIを作るときの参考資料として使わせていただいてます。
経年も相当なものなので、消滅してしまう前に資料を撮りにいかないとなぁと思ってます。

地方都市に行ったら結構見かけるニューエアロスターですが、徳島ではほとんど見かけず徳島バスのコレ一台のみでした。
ナンバーからして生え抜きのクルマっぽいですね。

地方なのでやはり中型が多く、交通局の方ではエルガミオ、徳島バスはレインボーRJ/HRとエアロミディが大多数という感じでした。
でも一応ジャーニーKの在籍もあるらしく、撮れはしなかったものの見ることはできたので、次回来るときは撮りたいですね。

型はわかりませんが生え抜きっぽいキュービック。屋根にリベット打ちがあったのでそれなりに古そう(小並感)

中型天国。左から日野(リア)、ふそう、日デ、いすゞと勢揃いです。


また初期型のキュービック。逆T字窓ということから元々は都市新バス用の車両だったのかなぁと。徳島には二段サッシより逆T字窓の初期型キュービックの方が多数派です。

中型の多い徳島バスの中では割とレアだと思われるブルーリボン。ナンバーを見る限りこちらも生え抜きですかねぇ。

上と同じ車両。車高の高いツーステのブルーリボンかっこええなぁ

ところ変わって鳴門市。今年の春に市営バスとしては廃止になった鳴門市営バスの塗装をそのまま纏ったレインボーRJがいました。
廃車までこの色なのかな?

鳴門市営色と徳島バス色のレインボーRJ。外観は全く同じですが車内の椅子が少し異なるようで。

この他にも鳴門市カラーのキュービックも見ましたが撮れず。7Eとかも廃車になっていなければ居るハズなのですが見なかったので次回の課題ですかね。

カテゴリー: 撮影日誌-バス タグ: , , , , , , パーマリンク