くろよん見学

2014年7月20日
三連休中日はクモユニの前にくろよんへ


扇沢発黒部ダム行き列車(トロリーバス) 次の通過駅は破砕帯かな?

ゴツいスノーシェッド。冬はどんな光景が広がってるんだろう

いざ、トンネルへ。

黒部ダム駅にて 50周年らしい。


くろよんは写真で見たよりずっと大きく感じたし、多分感覚よりも更に大きいものなんだろうな と。霧状に放出されている水がちゃんと下で川の流れを作っているのもなんだか感動。

ダムの堰堤を歩いて(走って?)黒部ケーブルカー黒部湖駅へ。「トローリー」「オゥ」

「立山黒部貫光」 この駅の佇まい、開業時から変わってなさそうだ。

いざ、ケーブル。

端末を通して見る世界


途中交換施設にて、下りのケーブルカーから上っていく列車を。

黒部湖駅から下りてくる列車を。誕生からちょうど45年を迎えた古豪、果たして50年を迎えることはできるのか。

帰りのトロリーバス車内から。信号所で交換するトロリーバスと「貫通点」の文字。

カテゴリー: 撮影日誌-中部私鉄 タグ: , , , , , パーマリンク