大野竹田バス

2015年2月26日
前日に大分バスを一通り回って来たのですが、そういえばP-RJでも一つ目は見なかったなぁと思い調べていたら大分バスの子会社である大野竹田バスというところに行けばいるかもということで帰りは宗太郎経由ではなく国道326号経由で竹田市へ。っとその前に南延岡の車庫に

前日見たブルーリボンノンステの一番違いが止まっていました。どちらもラッピング等されていないようでキレイな塗装を保っています。ライト周りが黒いのがカッコいい。

で延岡から一時間と少しで大野竹田バスの竹田の方の車庫へ。鉄道と道路に挟まれた変わった形の営業所ですがそのお陰で道路からの撮影で十分な資料が撮れました。

営業所前の道が随分狭く見えますが工事中で片側交互通行だったからでいつもは普通に対面通行の道路です。
真ん中の7B…?が気になります。ほぼ中型で世代は様々ですがレインボーが多いところは親会社と同じなようで。
58MCの中型はこれも中身は日野RJで西鉄からの移籍らしいです。
旧型が新製導入で新しめなのは中古導入なのはこういう事業者によくあるケースですがここにいる中古は数年前の豪雨で被災した車両の代替で来たようなのでちょっと特殊な事情ですね。
未だに「大分バス」表記の96MCが居ましたがそれも水害の時に来た車両なのでしょうか…?

で非公式側ながら一番道路側に止まっていてくれたおかげで撮影することができた一つ目。ナンバー的に最古参でしょうか?

愛媛では散々見ましたが角目二灯が多い大分ではなんとも新鮮な

間に一台挟まってますがなんとか仕様の違う二台の並びを見ることができました。
この日一つ目は一台だけ確認できましたが角目二灯はコミュニティバスに使用されているようで18時前後に続々と車庫に帰って来ていました。まだまだ元気みたいですね。
日も暮れたのでこれにて大分宮崎バス巡検?は終了。




カテゴリー: 撮影日誌-バス タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)