ミャンマー渡航記 その7 -バガンのトラック-

2016年9月27日
バガンへは鉄道メインのちょこっとバス目当てで行ったのですが、原付で走っていると面白いトラックにちょくちょく遭遇しました。

日野のボンネット放水車。ニャウンウーの街を原付で走っていると向かいからやってきました。緊急走行というわけではない様子で、お仕事終わりなのか試運転なのか。
ニャウンウーの街にはもっと新しめの消防車(新しいと言っても多分平成初期のもの)も居ましたが、こんな古参もまだまだ活躍しているようです。
ところでナンバーがバンパーに手書きですがそれは大丈夫なんですかね…

Tが欠けて”OYOTA”になってしまったトヨタのトラック。4代目ダイナかな。
キャブ上の櫓の文字は”TOYOA”になっていて色々と惜しいトラック。

ボンネット放水車を見た帰りに通った工事現場での風景。後ろのトラックが写っていなければとても2016年のそれとは思えないです。

バガン周辺の道は部分的に狭いところがあるので、拡幅工事が順次行われています。原付で回りながら、色んなところで工事やってんなーとは思っていましたが、まさかボンネットトラックを使ってるとは。

結局この工事現場で3台のボンネットトラックを見かけました。これはダンプタイプですね。

車を転回させるときに路外に突っ込んで順光ポイントでしばらく止まってくれました。キャブに乗ってる作業員さんもピース。

バガンの道路状況はまだまだ改善の余地アリといった感じなので、もうしばらくはこのボンネットトラック達の活躍が見れるのではないでしょうか。

カテゴリー: 撮影日誌-海外 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)