伊予鉄&伊予鉄南予P-RJ貸切 その4

2019年8月3日

前回はこちら。

長かったツアーも終盤に。往路は旧道でしたが復路はメロディーラインで八幡浜・大洲を経由し長浜へ。

(西宇和郡伊方町塩成 33.450120, 132.270663)
さりげない”メロディーラインらしさ”よりメロディーラインであることが一発で分かる安直さを求めたカット。
ちなみにこの区間も2台続行運転は継続中だったのですが、先行の南予バスの方が”いつものペース”で飛ばしていたので同一フレームに収めるのは無理でした。

(西宇和郡西宇和郡伊方町”伊方きらら館” 33.481021, 132.307520)
伊方きらら館での休憩。ここまで海沿いドライブでは一切晴れなかったのですが、ここに来てスポット的に晴れてくれました。

(大洲市平野町野田 33.476791, 132.505072)
八幡浜-大洲間の夜昼峠を貫く夜昼トンネル飛び出し。
長いトンネルの多い南予地区でも坑口に換気塔のあるものはここくらいかも。

(大洲営業所)
途中大洲営業所に寄り道。待合室をはじめ大改修が行われ、かつての面影は完全に消えていました。

(長浜営業所)
ラストは長浜所属で予備車となっている1561を叩き起こして3台並ばせて花火と。
三津浜や大洲の花火大会も同じ日にあった中、「(わざわざ長浜の花火大会に)バスで来てる人も居るんだ~」という声を何度か聞きましたが、これが見れるならそら来ますよね。

ツアー一行はこの後海沿いに松山へと帰って行ったのですが、我々は翌日も南予残留予定だったのでここでお別れ。
主催の方・運転手の方、一日ありがとうございました。




カテゴリー: 撮影日誌-バス タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)