File:041,42 徳島バス BA20&BU10?

2017年3月確認

有名物件ながら後回しになっていた2台。倉庫を守るように鎮座する徳島バスの古参。
どちらも昭和40年代のいすゞのバスですが、車体メーカーが違います。上は川重。

こちらは富士重。R13車体を載せたいすゞのショート…BA20でしょうか。いすゞシャーシにR13の組み合わせはこのあたりでは結構見られます。この時代の徳島ではメジャーなバスだったのでしょう。

右の川重車体のクルマは窓が鉄板で覆われているので正体がイマイチ分かりませんが、大型の標準的な長さに見えるのでBU10でしょうか。
川重車体も徳島ではよく見かけますが、普通の長さの大型はあまり見かけない気がします。
今も昔も9m前後のサイズが主流だったんでしょうか。

二台のバス。正面のいすゞエンブレムからも時代を感じますが、支柱付きウィンカーからもなかなかの年代モノであることが窺えます。
ところで右のリア、破けた看板の裏に別の看板が見えています。上に蝶番のような部品も見えるのでもしかしたら簡単に入れ替えることができるようになっていたのかも?

カテゴリー: 撮影日誌-廃バス タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)