さよなら秘境トロッコ

2016年11月
“四国まんなか千年ものがたり”が来春から運行開始とのことで、種車となるキハ185の改造も進んでいるようですね。

千年ものがたり号の運転が発表された時は土讃線がもっと賑やかになるのね~と呑気に思っていたのですが、それと引き換えに秘境トロッコが運転取りやめになるのを知ったのは今季の運転が終わる2日前でした。


(土讃線 箸蔵~佃/10:52)
とは言えもう11月も末。山がちな土讃線では夏撮れたところも今の時期では影で撮れなくなっているかもしれないと、南の方まで行く冒険は避けてDE10訓練と掛け持ちできる範囲で撮影することに。
というわけで山が色付く箸蔵の鉄橋にて。
天気もよく、過ごしやすい日だったのでトロッコはほぼ満員。
山の空気を肌で感じることのできる列車だっただけに運転取りやめは残念ですが、小さいトロッコ1両分しか乗せられないというのは採算的に厳しいのかもしれません。


(土讃線 坪尻駅/10:25)
スイッチバックらしさの出る写真って難しいよなぁって坪尻で撮ってるといつも思います。
そういえばキハ185の国鉄色(っぽいのも含めて)もこのクルマだけになってしまいました。
秘境トロッコの運転がなくなっても緑のキクハ32自体は残りそうなので、キハ185もまだしばらくはこの色のままで居てもらいたいところですが…




カテゴリー: 撮影日誌-四国 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)